ホーム Contents

Contents

RPP 五芒星・六芒星 内容

五芒星と六芒星は、ストーン博士のハンズオンテクニックの中心となるもので、 首、肩、消化器、骨盤など身体の様々な部位に効果的に働きかけることができるワークです。 〈五芒星〉 五芒星は、喉、肩、骨盤の身体上の5つのポイントをつなげたラインでつくられています。五芒星は身体の中心をまたがるパターンなので、ファイヤーエレメントや消化器を中心とする内臓の活性を促すことを助けます。 クラスでは、身体の中に存在する五芒星の意味をよく理解し、 星をつくる身体上のポイントを効率よく手技に活かすための技術を学びます。 五芒星を流れるエネルギーパターンをどれだけ綺麗に身体に描き直せるか、 このワークはその人自身の生命力の輝きを取り戻すためにも有効です。 〈六芒星〉 六芒星は、上向きの三角形△と下向きの三角形▽が重なってできています。 六芒星のワークでは、身体上にいくつも存在するこれらの三角形(例えば、後頭骨と仙骨、かかとなど)をきれいなベクトルで並べていき、エネルギーの流れを活性させることで身体の構造のバランスを整えていきます。 姿勢の歪みからくる、慢性的な身体の症状や心の状態は、多くの人に見られますが、 ポラリティセラピーでは、六芒星を整えて、エネルギーを流れやすくさせ、 心身の固着状態を解いていくためにたくさんのボディワークを施します。 クラスでは、六芒星を作る身体上の基本となるポイントを理解し、 構造上のゆがみをエナジェティックに捉えながら、どこをどのようにワークすればよいのか、 骨格構造と、エネルギー的視点からアプローチするための知識と手技の習得を目指します。

RPP/CSU クレニオ3 内容

クレニオ3では、 クレニオのヒーリングプロセスと、アンワインディングについて学んでいきます。 〈クレニオのヒーリングプロセスの理解〉 クレニオのセッションをしているときにクライアントの体がどんな風に変化していくか どのようなプロセスが発生しているのかを、施術者として認識できるようになることを目指します。 クレニオのセッションにおいて脳脊髄液の流れが活性し、神経系統を潤し、細胞に流れ込み、クライアントの自然治癒力の働きが促進されていく過程で、どのようなプロセスを経てヒーリングが発生していくのかを、クレニオの視点から学んでいきます。 セッションをより安心感、安定感のあるものとするために、クライアントがどのような状態にあるのか、プロセスのどの段階にいるのかを施術者が把握することは非常に重要なことです。 クラスでは、様々な生理反応(かゆみが出る、あくびが出る、体温が上がる、下がるなど)を視覚や触診でとらえ、フィジカルなレイヤーにおいて、プロセスがどういう状態にあるのかを理解していきます。 〈アンワインディングの経験と理解〉 Unwinding=もつれたものをほどくこと クレニオのセッションでは、脳脊髄液の流れが活性し、固くなったりねじれたりしている硬膜や筋膜がリリースされる時に発生する運動のことをアンワインディングといいます。 クラスでは、関節の微細な動きや、全身が大きく動くアンワインディングを経験すること、そして、アンワインディングの働きをサポートすることを学んでいきます。

APP ベーシックアナトミークラス

ボディワークを行う上で、身体の構造を知る、ということは基本になります。 成人の骨の総数はおよそ206個、筋肉の総数はおよそ600個以上と言われています。 とはいえ全身の骨や筋肉をすべて触るというのは不可能です。実際に矯正を行う場合、ここは絶対触るべき骨や筋肉というのがあります。 今回のベーシックアナトミーでは骨格の診方、筋肉の診方、視診、触診、を学んでもらいます。実際に全身の重要な各パーツを細かく触って身体の歪みを理解してもらった上で、骨格と筋膜に働きかける簡単なワークをしてもらい、身体がどう変化していくのかを確認してもらいます。 身体の構造を理解することでボディワークの精度は格段に上がります。 すでにボディワークをお仕事にされている方、そしてまだお仕事にされていない方も、クライアントさんの接し方を含め、普段聞きにくい疑問点など、なんでも気軽に聞いてください。 皆さまにお会いできるのを楽しみにしています。 芦屋整体スクール 伊東麻裕子

RPP ナーバスシステムバランシングクラス 内容

ポラリティセラピーのボディワークの特徴的なテクニックの一つに、クライアントの方の自律神経のバランスを直接的に図っていく方法があります。 プラクティショナーはクライアントの身体の神経状態を触診し、エナジェティックに微調整を繰り返しながらボディワークを効果的に行います。 そのためには自律神経のメカニズムをよく理解し、またスイッチの切り替えを読み取る感覚が必要であること、またそれぞれの神経状態に共鳴できるボディタッチを体得していく必要があります。 どうしても解けない首肩の凝り、慢性疲労、精神疲労、ホルモンアンバランスなどに対応するワークとなります。

RPP スパイナルバランシング クラス内容

RPP スパイナルバランシング クラス内容 スパイナルバランシングは、 ストーン博士のハンズオンテクニックの鍵になる脊柱のワークです。 人間を生命の樹として捉えた時に、背骨は私たちの中心の幹になる部分です。 スパイナルバランシングのクラスでは、 中心となる背骨をどんな風にアライン(きちんと並べる)させるのかということを学んでいきます。 ポラリティセラピーでは、背骨が骨格的に整うだけでなく、 後頭骨と仙骨をつなぎながら、そのふたつをエナジェティックにバランスし、ハーモナイズさせることが大切なポイントになります。 クラスでは、脊柱全体がエナジェティックに調和するための、 背骨のひとつひとつがもつ周波数を聴きとり、その響きを調律、調整していくテクニックをお伝えします。 私たちは自分が自分自身でなくなっている時、背骨から外れた状態であるといえます。 背骨=中心軸から外れていると他からの影響を受けやすく、他からの影響を受けているから背骨から外れやすくなるとも言えます。 背骨がアラインされることで、自分自身の内面の中心から整っていき、感情的、思考的にも安定し、自分の中心とつながりやすくなります。 スパイナルバランシングは、 脊柱への骨格的、エネルギー的、相互のアプローチにより、 そのような状態をクライアントに届けるためのワークになります。

RPP/CSU クレニオ2 クラス内容

RPP/CSU クレニオ2 クラス内容 クレニオ2では、生命の原初的な拍動が大きく、深く、たおやかに奏でられるときに発生する<静寂の間〜スティルポイント〜>を実体験していただくことに焦点を置きます。 このスティルポイントを経験・体感することで、クレニオリズム、クレニオシステムといった3層に分かれるクレニオウェイブを多次元に開くことができ、副産物として時間を刻むという概念から自由になることができます。無意識や潜在意識の深い部分でのヒーリングを招くことを、オーガニックに誘導します。 クレニオセイクラルワークのヒーリングポテンシャルを、「何もしない」「力や技を加えない」というあり方によって体感していただくことを通じ、意識の置き方やテクニックを学んでいただきます。 また、スティルポイントをとらえやすくするために、顔面の骨、頭蓋骨の骨の形、可動域についても学んでいただきます。 フェイス(顔)というのは、内側の自分と外側の自分を書き換えるところでもあります。 心は泣いていても笑わなくてはいけないとき、本当は伝えたい思いでいっぱいなのに表面の感情は怒りに触れているとき、顔面の筋肉は硬直してしまいます。 こういった歪みのストレスをほぼ力を加えない技術で優しく内側から解いていく技術を学んでいただきます。

APP/CSU スタディケース クラス内容

APP/CSU スタディケース クラス内容 実際にクライアントにセッションをするクラスです。 講師のもとにおいて経験上の知識を習得する機会を持ちます。 セルフリフレクションや、講師・クラスメートのフィードバックを通して強さを受け入れ、そして展開するチャレンジに立ち向かうことを学びます。 そうすることによってプラクティショナーとしての自信と自覚をもつことを体験します。

APP 基礎解剖とジェネラルセッション クラス内容

APP 基礎解剖とジェネラルセッション クラス内容 人間の身体はエネルギーの滞りを様々な方法で表しています。 骨格のアンバランス、姿勢のゆがみ、硬くしている部分を知ることはエネルギーの流れを知る手がかりとなります。 セッションをするときに これらの情報をどのように受け取っていくのか。 人の身体についての基礎となる部分を実践で使っていける形でわかりやすくお伝えします。 身体の構造とエネルギーの流れの両方に意識を持ちながらセッションを進めていくことで、より構造とエネルギーの関係性、セッションへの理解が深まることでしょう。

APP/CSU エバリュエーション クラス内容

APP/CSU エバリュエーション クラス内容 実習を成功させるために問題を解決する方法やセッションの組み立て方を学びます。 時間配分やセッションの発展性、エネルギー的なリレーションシップとバウンダリー、自己評価の仕方、ケーススタディー(セッション後のカルテのようなもの)を適切な評価とマネージメントスキルを使って書くことを学びます。 また、ヒーリングワークを仕事にし、生活するために必要なことを学びます。

APP エナジェティックリフレクソロジー クラス内容

APP エナジェティックリフレクソロジー クラス内容 手や足の反射がどのようにエネルギー的に全身に反映しているのかを実感し、直接的にエネルギーの流れをよび戻すテクニックを学びます。それは過去に踏んできた自分の足跡を浄化すること(足底を過去への窓と捉える)であり、現在との繋がり方をよりエナジェティックに鋭敏に、自分にとって本能的に良い方向へむけるためのスキルとテクニックです。