カリキュラム

日本で唯一のアメリカンポラリティセラピー協会(APTA)の認定校として、特色のあるクラス展開をしています

入学までの流れ

入学資格条件:心身ともに健康であること ( 22 歳未満の場合、入学のための面接があります)

ポラリティセラピーセラピスト APPコース カリキュラム

ベーシック 1
(14時間/2日間)

エネルギーシステムの理解への導入、ポラリティ用語の理解、 身体・感情・思考の極性(+極、-極、ニュートラル)の理解、 人の身体にエネルギーを介して安全に触れるための基礎 →詳細

エレメント
(42時間/6日間)

エネルギーの中枢センターとしてのチャクラの働き、 <空 風 火 水 地>の自然要素(エレメント)と心身の相関性、 ボディワークテクニック、シンプルなエクササイズ、栄養と食物→詳細

基礎解剖とジェネラルセッション(※)
(14時間/2日間)

身体への触れ方の基礎、身体の捉え方の基礎知識と禁忌→詳細

クレニオセイクラル 1
(28時間/4日間)

頭蓋仙骨システムの基本論理、脳脊髄液の体感と触診、 セラピストとしての支点の確立→詳細

コミュニケーション
(42時間/6日間)

セラピストとして人に触れ合う前の自分自身との対話、 自分の内的資源との繋がりを掘り起こすための コミュニケーション方法、自分の未消化の人生経験を エネルギー的に理解、人生そのものを大切に 尊重するコミュニケーション方法→詳細

ベーシックアナトミー(※)
(14時間/2日間)

関節の可動領域の理解と身体の正常位置の把握 芦屋整体SCHOOLhttps://www.majuan.com/ の単位が移行可能です。→詳細

エナジェティックリフレクソロジー(14 時間/2日間)

足の裏と手の平の各臓器の反射区と臓器とのエネルギー導線→詳細

エバリュエーション(14時間/2日間)

エレメント的な心身の評価方法、エレメント総復習、 セラピストとして活動するための準備→詳細

スタディーケース(14時間/2日間)

ポラリティセラピーセラピストとして実践を 始めるための自覚と認識を培う→詳細

学習時間(選択科目除く)

196時間(7時間/回)
開催場所によって異なります。

受講料

APPコース全科目合計:430,000円~
単発でのご受講も可能です。
開催場所によって異なります。

APP資格取得条件

・RPPプラクティショナーからのリシーブセッション5回
・30件のケーススタディ記録提出(スタディケース終了後半年以内)
・JPTF(日本ポラリティセラピーサポート協会)へ入会していること

ポラリティセラピーセラピスト RPPコース カリキュラム

クレニオセイクラル 2
(28時間/4日間)

神経系のリセットボタンとしての 静止点(スティルポイント)、 静寂(スティルネス)の理解と体験、生命エネルギーの 枯渇しない内的資源への鎖であるスティルネスと意識と の関係性、横断筋膜、結合組織と硬膜管の 理解、頭蓋、顔面骨へのアプローチ→詳細

クレニオセイクラル 3
(28時間/4日間)

クレニオヒーリングプロセスの理解とフォール ボディ アンワインディング (全身を使っての心身の外傷、感情と意識のブロックの解放)→詳細

栄養学とクレンズ
(28時間/4日間)

エレメントのバランスを図る食事の理解、 体質・気性・慢性症状の相互関係の理解、 Dr. Stone の提唱するライフフードと浄化食の実践

ポラリティエクササイズ
(21時間/3日間)

エレメントの活性と鎮静エクササイズの実践と指導方法、 健康を持続させる身体と意識作り

スパイナル・バランシング
(14時間/2日間)

ストーン博士のハンズオンテクニックの鍵になる脊柱のワーク、背骨がもつ周波数の調律、調整法→詳細

ナーバスシステム・ バランシング
(21時間/3日間)

自律神経系の調律法、クライアントの神経状態の触診と 評価方法、Dr. Stone の奥義である会陰部へのアプローチ→詳細

五芒星/六芒星
(35時間/5日間)

聖なる幾何学エネルギーパターンの理解と調整テクニック、 五芒星と内臓・リンパ系・身体の構造との関係の理解、 六芒星と骨格構造・姿勢との関係の理解→詳細

アドバンスドコミュニケーション
(28時間/4日間)

セラピュイティックな環境保持、ヒーリングプロセスのための 安全なスペースの確保と距離感の取り方、 ライフプロセスのカウンセリングガイド法

アドバンスドエレメント
(35時間/5日間)

それぞれのエレメントに存在する5つのエレメント (25エレメント)のコンビネーションの理解、 エレメントのクリニカルな適用法、 ボディワークと評価法の洗練

ビジネスとプロフェッショナル倫理
(28時間/4日間)

専門職としてビジネスに必要なスキルと実践、 セラピストとしてのプロフェッショナル倫理

プラクティカム 1 プロセスオリエンテーション
(21時間/3日間)

クリニカルにセッションを構築する方法、 ポラリティセラピーセオリーの総まとめ

プラクティカム 2 アセスメント
(21時間/3日間)

エナジェティック解剖学と脈診を用いて セッションを構築する方法

プラクティカム 3 スキルズ インテグレーション
(21時間/3日間)

すべてのセオリーと手技の統合、 客観的に自分のセッションを評価

生理・病理(※)
(42時間/6日間)

病理発生の仕組みと生理機能の理解

解剖とベーシックな ボディワーク(※)
(42時間/6日間)

主要なシステム(系)、内臓、体組織の正常な 機能と位置の基礎理解、身体の微細な エネルギー的無線解剖的構造の把握 芦屋整体SCHOOL単位が移行可能です。  https://seitaischool-ashiya.com/ 

クリニカル スーパービジョン
(21時間/3日間)

セッションで生じた質問への質疑応答

学習時間(選択科目除く)

434時間(7時間/回)
開催場所、担当講師によって異なります。
※免除について 専門的なボディワークを学ばれたことがある方は免除対象となることがあります。修了証(認定書)のコピーをご提出のうえ、ご相談ください。

受講料

RPPコース全科目合計:975,000円~
単発でのご受講も可能です。
開催場所によって異なります。

RPP資格取得条件

・APP資格取得者
・RPPプラクティショナーからのリシーブセッション10回
・70件のケーススタディ記録提出
・50時間の選択科目(コース必須科目以外)

クレニオセイクラル CSUコース カリキュラム

クレニオセイクラル 1※1
(28時間/4日間)

頭蓋仙骨システムの基本論理、脳脊髄液の体感と触診、 セラピストとしての支点の確立→詳細

クレニオセイクラル 2※2
(28時間/4日間)

神経系のリセットボタンとしての 静止点(スティルポイント)、 静寂(スティルネス)の理解と体験、生命エネルギーの 枯渇しない内的資源への鎖であるスティルネスと意識と の関係性、横断筋膜、結合組織と硬膜管の 理解、頭蓋、顔面骨へのアプローチ→詳細

クレニオセイクラル 3※3
(28時間/4日間)

クレニオヒーリングプロセスの理解とフォール ボディ アンワインディング (全身を使っての心身の外傷、感情と意識のブロックの解放)→詳細

クレニオセイクラル 4
(14時間/2日間)

頭蓋とエネルギーとの関連づいたヒーリングプロセスの理解。 ベクターアクセスアラインメント、ポジションリリースを 含む西洋のホリスティックな手技療法と東洋の古来から続く エネルギー的アプローチの織り合わさった ダイナミックなアプローチ。施術者としての 自我を外し、なにもしない、ただ存在するという技術。

クレニオセイクラル 5
(14時間/2日間)

バイオメカニカル的なクレニアルテクニックを用いながら、 心や身体の問題となっている部位を洗い流す方法。 (ステインカウンシル・ポイントバランスオブテンションなど)

クレニオ アナトミー& リスニング 1
(14時間/2日間)

結合組織の理解と脳神経、中枢神経の理解。 様々な層の脳脊髄液の波(クレニアルウェイブ) の触診スキルの向上。

クレニオ アナトミー& リスニング 2
(14時間/2日間)

頭蓋仙骨システム内に残る様々な緊張やストレスの理解と解放。 クレニアルタイド・リズムへの精通。

エレメント※1
(42時間/6日間)

エネルギーの中枢センターとしてのチャクラの働き、 <空 風 火 水 地>の自然要素(エレメント)と心身の相関性、 ボディワークテクニック、シンプルなエクササイズ、栄養と食物

コミュニケーション※1
(42時間/6日間)

セラピストとして人に触れ合う前の自分自身との対話、 自分の内的資源との繋がりを掘り起こすための コミュニケーション方法、自分の未消化の人生経験を エネルギー的に理解、人生そのものを大切に 尊重するコミュニケーション方法

エバリュエーション※1
(14時間/2日間)

エレメント的な心身の評価方法、エレメント総復習、 セラピストとして活動するための準備

スタディーケース※1
(14時間/2日間)

ポラリティセラピーセラピストとして実践を 始めるための自覚と認識を培う

※1 APPコースと共通の科目になります。
※2 RPPコースと共通の科目になります。

学習時間(選択科目除く)

259時間(7時間/回)
開催場所、担当講師によって異なります。

受講料

CSUコース全科目合計:575,000円~
単発でのご受講も可能です。
開催場所によって異なります。

CSU資格取得条件

・RPPプラクティショナー、もしくはクレニオセイクラムワーク専門家からのリシーブセッション10回
・70件のケーススタディ記録提出(スタディケースまたはコース終了後、半年以内)
・50時間の選択科目(コース必須科目以外)
・JPTF(日本ポラリティセラピーサポート協会)へ入会していること

スクール・クラスに関するお問い合わせはこちら