RPP/CSU クレニオ3 内容

クレニオ3では、
クレニオのヒーリングプロセスと、アンワインディングについて学んでいきます。

〈クレニオのヒーリングプロセスの理解〉
クレニオのセッションをしているときにクライアントの体がどんな風に変化していくか
どのようなプロセスが発生しているのかを、施術者として認識できるようになることを目指します。
クレニオのセッションにおいて脳脊髄液の流れが活性し、神経系統を潤し、細胞に流れ込み、クライアントの自然治癒力の働きが促進されていく過程で、どのようなプロセスを経てヒーリングが発生していくのかを、クレニオの視点から学んでいきます。
セッションをより安心感、安定感のあるものとするために、クライアントがどのような状態にあるのか、プロセスのどの段階にいるのかを施術者が把握することは非常に重要なことです。
クラスでは、様々な生理反応(かゆみが出る、あくびが出る、体温が上がる、下がるなど)を視覚や触診でとらえ、フィジカルなレイヤーにおいて、プロセスがどういう状態にあるのかを理解していきます。

〈アンワインディングの経験と理解〉
Unwinding=もつれたものをほどくこと
クレニオのセッションでは、脳脊髄液の流れが活性し、固くなったりねじれたりしている硬膜や筋膜がリリースされる時に発生する運動のことをアンワインディングといいます。
クラスでは、関節の微細な動きや、全身が大きく動くアンワインディングを経験すること、そして、アンワインディングの働きをサポートすることを学んでいきます。