RPP ナーバスシステムバランシング クラス内容

目次

ナーバスシステム・バランシング クラス内容

ナーバスシステム・バランシングはポラリティセラピーのボディワークの特徴的なテクニックの一つで、自律神経のバランスを直接的に図っていく方法です。

ポラリティセラピーの創始者であるDr.ストーンは数々の奇跡的なメソッドを開発されましたが、その中でも生命の神秘である仙骨部分、会陰部分の神経の緊張を解く技術がナーバスシステム・バランシングです。

クライアントの神経状態を触診し、エナジェティックな微調整を行いながら自律神経のバランスを図り、心・感情・神経の緊張を和らげ、深いリラクゼーションを得られるよう誘導します。

自律神経のメカニズムを理解し、神経スイッチの切り替えを読み取る感覚を磨き、それぞれの神経状態に共鳴できるボディタッチについて学びます。

どうしても解けない首肩の凝り、慢性疲労、精神疲労、ホルモンのアンバランスによる感情の乱れなどに対応するワークでもあるので、即実践に応用できる使い勝手のあるテクニックといえます。

ナーバスシステム・バランシングで学ぶこと

自律神経の調律方法・会陰部のワークの方法
・神経系の触診方法
神経系の理解・神経のメカニズムの理解
・クライアントの評価方法
POLARITYTHERAPY SCHOOL OF JAPAN
神戸市六甲のヒーリングアートスクール。ストーン博士の生命への哲学をグローバルな視野から学びながら、ひらかれた柔軟な心と体を養う方法を会得し、人生を謳歌するセラピストとして生きていくことをサポートします。
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる