RPP スパイナルバランシング クラス内容

RPP スパイナルバランシング クラス内容

スパイナルバランシングは、
ストーン博士のハンズオンテクニックの鍵になる脊柱のワークです。
人間を生命の樹として捉えた時に、背骨は私たちの中心の幹になる部分です。
スパイナルバランシングのクラスでは、
中心となる背骨をどんな風にアライン(きちんと並べる)させるのかということを学んでいきます。
ポラリティセラピーでは、背骨が骨格的に整うだけでなく、
後頭骨と仙骨をつなぎながら、そのふたつをエナジェティックにバランスし、ハーモナイズさせることが大切なポイントになります。
クラスでは、脊柱全体がエナジェティックに調和するための、
背骨のひとつひとつがもつ周波数を聴きとり、その響きを調律、調整していくテクニックをお伝えします。
私たちは自分が自分自身でなくなっている時、背骨から外れた状態であるといえます。
背骨=中心軸から外れていると他からの影響を受けやすく、他からの影響を受けているから背骨から外れやすくなるとも言えます。
背骨がアラインされることで、自分自身の内面の中心から整っていき、感情的、思考的にも安定し、自分の中心とつながりやすくなります。
スパイナルバランシングは、
脊柱への骨格的、エネルギー的、相互のアプローチにより、
そのような状態をクライアントに届けるためのワークになります。