RPP/CSU クレニオ2 クラス内容

RPP/CSU クレニオ2 クラス内容

クレニオ2では、生命の原初的な拍動が大きく、深く、たおやかに奏でられるときに発生する<静寂の間〜スティルポイント〜>を実体験していただくことに焦点を置きます。
このスティルポイントを経験・体感することで、クレニオリズム、クレニオシステムといった3層に分かれるクレニオウェイブを多次元に開くことができ、副産物として時間を刻むという概念から自由になることができます。無意識や潜在意識の深い部分でのヒーリングを招くことを、オーガニックに誘導します。
クレニオセイクラルワークのヒーリングポテンシャルを、「何もしない」「力や技を加えない」というあり方によって体感していただくことを通じ、意識の置き方やテクニックを学んでいただきます。
また、スティルポイントをとらえやすくするために、顔面の骨、頭蓋骨の骨の形、可動域についても学んでいただきます。
フェイス(顔)というのは、内側の自分と外側の自分を書き換えるところでもあります。
心は泣いていても笑わなくてはいけないとき、本当は伝えたい思いでいっぱいなのに表面の感情は怒りに触れているとき、顔面の筋肉は硬直してしまいます。
こういった歪みのストレスをほぼ力を加えない技術で優しく内側から解いていく技術を学んでいただきます。