リスキーな提案にいたるまでの片鱗

投稿日:2017年5月25日  BLOG

ポラリティセラピースクールとして 新たなリスキーな挑戦です。
真言宗 千日回峰行を行い、行者として多くの活動をされている竹中豊仙先生の波動療法をAPP施術者にご紹介、体験いただくためのワークショップを開くにあたって、下記のようなメールをみなさんに送っておりました。

こちらポラリティセラピースクールよりAPP取得者および、取得を目指しておられる方へお送りしております。わたしたち日本で生まれ、育つことにおいて、他人の気持ちや周りの気を感じ取ることは上手にできても、自分の気を元気に巡らし、太陽の気、月の気などを自在に動かしたり、つながることができなかったりします。竹中先生のご意向により、私たちのスクールにおいて自分を気的に強く練り上げていく力、また自然とつながる力を育て、自由自在に自然の気(エネルギー)とつながれるようになるための自分作りの方法をこのたびは学んでいただける機会をご紹介する運びとなりました。ぜひご自身のセルフケアのため、(エネルギー当たりを減らすため、また気を集めることにおいて、体温を高くしていくため)にまずこの6月23日にご参加いただけましたらと思います。今後は竹中先生直伝の波動をお分けしていく運びとなりますが、これは下記に書かれたことを固く心に誓う人のみ参加していただけるという仕組みとなっております。興味のある方は下記を熟読し、また心を固く決めた上でのご参加表明と願います。また今後の日程はのちにおしらせいたします。

竹中豊仙先生よる波動療法を直伝していただくワークショップを行います。

> 竹中先生は、30年の歳月、厳しい 修行を重ね行者として生きながら、多くの人々を多くの悩みや病気から波動によって救ってこられました。

これまでは、竹中先生が個人と一対一で向き合う形で行ってこられましたが、一対一では助けられる人の数に限りがあります。今後は、波動療法を使える人材を育成し、病気や未病で悩む人々をできるだけ多く救いたいとの思いから波動の技術を直伝していただけることになりました。

ヒーリング・セラピーの領域において、ポラリティのコンセプトのなかで最も大切にしている、<エナ ジェティックにも非侵入であり、中立性が保たれた自分のあり方でクライアントに出会う>、という原理をよりよく体得し、理解し、使いこなしていくためには、自分自身の芯を強く、鍛えていく必要があります。また日本人として長けている、聴く力、引く力、感じる力とバランスをとるために、感じていることを表現する力、違いを認識して表現する力、流れ出す力も身につけていく必要が有ります。

この竹中先生の波動は大自然の結晶力そのもののようなもので、自分自身の内側に潜むもののボリュームを増して奏でさせる作用があり、一時的にヒーリング能力が非常に高まることから、この波動の取り扱い方を間違ってしまうとエゴを助長しかねませんので、学ばれる方は十分に注意していく必要があります。
>  この竹中先生の波動を学んでいただく方は下記の5項目について承諾される方のみに限定させていただきます。
> 1 身体を整え、心身の垢を拭い去るエクササイズを日常ベースで行う心構えのある
> 2 この波動の使い方を誤って自分をすごい施術家と思い上がることのない方。思い上がる

ことのないよう自らを律し、また仲間ともども注意し合う心構えのある方
> 3 大自然の気と一体であるから、この波動を使うことができるのであることから、自我が最

も少ない状態で施術に向かう心構えを毎回のセッションの前後で振り返ることができる方
> 4 現在APPを一旦終了している方、若しくは終了を目指している方
> 5 教えられた技術を3ヶ月以内に身近な人々に対して施術し、その結果をレポートにまとめ

て提出していただける方
>
>  このようなパワフルでシンプルな技術を学びたいと思う方は2ヶ月に一度程度、最低2年間は竹中先生と接しながら波動と心身の調整方法を体得していただくことをお勧めします。
>
まず竹中先生の波動を学ぶための第1日目の予定は2017年6月23日 です。
> この日は主に、調息・調身法を身に付けるための練習方法をお伝えし、午後には、体温を高く保つ方法と生理痛軽減のための療法をお伝えしていきます。
>

日時:2017年6月23日

時間:10時〜16時半

場所:御影公会堂 2階和室

参加費用:25000円

竹中先生の療法をご紹介するにあたって。。
様々なご質問がきています。
それぞれへのご返答 参考ください。
質問: 最低2年、2ヶ月に一度竹中先生にお会いするというのは、個人ではなくクラスがあるということですか?
それと、波動療法はポラリティのセッションを継続しながら活かせるということなのですか?
お返事: 最低2年 2ヶ月に一度 先生にお会いするというのは 個々人でおこなっていただいてもかまわないですし、何かサークルのようなもので みんなであっても構わないですし、 最低は2年間くらい先生に触れ合うことで、調子を崩したり、またぶれたりした時の調整方法をおしえてもらうと、きっと持続的に自分の調整が自然にでき 波動も扱えるようになると思います、
まずは6月8月10月に予定されます、先生の講座をうけていただいて、そのあとは2ヶ月でなくて、きっともっと長いスパンで個人個人のペースやニーズにあわせて先生との関わりをよい距離ではかれればいいなとおもいます。まず 6月は自分自身をエネルギー的、波動的に強くつくっていくことに集中していきますので、ここでまず体験、体感してからこの先を選ばれるとよいと思います!
質問: これは竹中先生の弟子になるような感じになるのでしょうか?
セッションでもらいやすくて困っているし、体も内部が冷えているので多分すごくいいですよね?
強く芯を持ちたいし発していけるようになりたいと凄く思うのでまたとない機会ですが、同時に多くの人に施術してレポートを書いて鍛錬していったり、竹中先生のとこに頻繁に通う時間やお金が取れるかな、と
今の自分にやっていくスペースがあるのか、少し考えています。
どんな感じになっていくのか、もう少し詳しく教えてもらえますか??
お返事:  長い説明になりますが、書いてみますね。
このたびの竹中先生のクラスはできる限り負担のない形で、それでも施術者として稼げるようになるための素地をつくっていくために竹中先生の波動や鍛錬方法をおしえていただくことにしました。
8月と10月に手技を教えてくださる日をワークショップとして行う予定ですが、 そのあとは個々人で必要なときに先生のところへいっていただいたり、みんながあつまって先生のところへいく、もしくはモンタナにあつまるというような形で金額的にも負担の少ない方法で、2年くらいかけて、体と精神をつくるとともに、波動を理解してシンプルにエネルギー療法をしていけれるようになってもらえたらという願いがあります。自己鍛錬は厳しい修行というものではなく、より意識的に呼吸をしたり、気が付いたり、瞬間瞬間を大切に練習に変えていける方法を教えていただきます。頻繁に通うということは間違いなく発生しないとおもいますのでご安心くださいね。
あと 竹中先生の弟子になる、ということでも全くありません。。。先生のしておられる行者としてのお仕事は誰かに継げれるものではないので そのあたりもご安心ください。
安全に気の巡りを良くすること、自分自身をエネルギ^的に強化すること、 そして先生の育まれた自然の結晶のような波動と響きあう時間を増やすことで 自然の波動を奏でやすくなっていかれるとおもいますよ〜・
ほんとにわかりにくい説明文をおくってしまっていてごめんなさいね!
わたしもこの考えにいたるまで、かなりの話し合いの時間、および、先生の波動とは一体何なのかをかなり探求した結果、安全なもの、ユニバーサルである波動ということが理解できたところでのご案内ですが、なにせ時間がなく文章が乱雑でごめんなさいでした! IMG_9770

ポラリティセラピー スクール オブ ジャパン
POLARITY THERAPY SCHOOL OF
JAPANKOBE MONTANA OFFICE
兵庫県神戸市灘区鶴甲5丁目1-50-205
TEL:078-200-5126 / FAX:078-200-5166
トップにもどる ポラリティセラピーとは クレニオセイクラルとは スクールのご案内 セッションのご案内 スケジュール セルフケア よくあるご質問 アクセス/所在地 出版書籍のご案内 ブログ ヒーリングセッション お問い合わせ 日本ポラリティセラピーサポート協会 フェイスブック