2017年 明けましておめでとうございます。

投稿日:2017年1月2日  BLOG

新年 改めまして明けましておめでとうございます。

 

本年のはじまりがみなさまにとって、こころ穏やかで、心地のよい時間であること、願っております。

オーストラリアのNSW州 Woombahという片田舎から2017年はじまりのつぶやきを書き始めてみようかと思います。 ブログを書こう、書こうと思いながら、はや一体何年くらいたっているのかわからないけれど、年初めということを口実に。お時間許す方はどうぞおつきあいください。

日本の愛しの我が家にすむ友達が初日の出の写真をおくってくれました。六甲の山の裾にわたしは日本の住居をもっていて、光栄にも昨年末はじめて六甲山のなかでお仕事をさせていただく機会をいただきました。YMCAに創設された由緒あるトーテムポールの神話を祝うための会でお仕事させていただけたことは、神戸の街に生まれ、神戸に住み続け、六甲に居を構えた上でこのうえなく、充実した出来事に感じました、呼んでいただいた松木正さんに感謝限りなしです。松木さんはサウスダコタ 平原のインディアン、ラコタ族の方々と長く生活を共にし、彼らの意思を引き継ぎながら、精神の流れを彼らに直につなげ、多くのスウェットロッジやビジョンクエストを本式に沿って行っておられる、非常に貴重な方に思います。めぐりめぐって、鎌倉でご縁をいただいたことに不思議な感じがとってもしました。 めぐりめぐる人の縁、また縁を超えてつながっていく協力しあっていける前進は、これからも楽しみな流れです。

人の縁ってとっても面白いものです。すごく大切にしていたのに、思わぬ誤解やお互いの生活リズムの歯車がずれていき、急に薄くなっていくこともあります。変わらない縁というものは本当は何もないのかもしれませんね。たとえ血を分けた兄弟でも産み落としてくれた親でさえも、何か思いが強ければ強いほど、誤解が生じれば縁はこじれてしまいます。ややこしいのはこのこじれた縁、というものが、因縁となって、血の中に脈々と流れ続けやすい、、とくにいろんな国で生活してみて思いますが、日本はその色が非常に強く出やすい特質をもっているように思います。現在発生している人間関係の滞りが、一体どんな過去の流れを汲み取り形成されたのか、なんていうのに時々想いを馳せることがありますが、地域ごとに違う様相が浮かび上がり、こちらもとても興味深いものです。祖先信仰、これは仏教に由来しますが、子孫である子供達が祖先のことを思い、必死とお経を読みあげ、供養を願う、ご利益をいただこうとする姿勢よりもいままでの命の運びを感謝し、来た道を照らし、ゆく道を照らすようなものであるように思いますが、そのような中で供養を思い、お経を読み上げることは、きっと良いことのように思います。子孫であるわたしたちしか出来ない祖先の供養というものもきっとあるのかもしれないですし、何代も前に出来上がってしまった因縁がもろにかぶってしまう形で現在に影響をうけているような方々はその因縁が始まった頃にたいして、供養をし、そして出来上がる前の祖先につながりなおしていくようなことも必要に思います。自分が現世で作った記憶のないような業をなぜ、自分が背負わなくてはいけないのか、と きっと腑に落ちないと感じることもたくさんあったり、またなんで こんな家に生まれてきたんだろうと嘆いたり、反対に出来上がっている問題はすべて自分のせいだと自分を責めたりするよりは、できれば出来上がってしまった因縁を祖先の流れの滞りとしてとらえて、 綺麗な透き通った川の流れのように純化していくことを願いご供養を思い、毎日こころをそこに持つ時間を持たれることをお勧めしたいな、、などと思います。お経とかいてみたのですが、もし祖先供養をしたい!とおもうならば、祖先が信仰したのが仏教であるならば、その宗派のお経を必死と読まれるのがいいのでは、また本当に力あるその筋の方々に依頼することもいいことに思いますが、飛鳥村の祈祷寺、岡本寺で得度をされておられる風水の金寄先生、また高野山真言宗、阿闍梨でいらっしゃる竹中先生と関わらせていただきて、多くのおしえをいただいたなかで思います。しかしなかなかそれを知ることも難しかったり、またその宗派をしっても導き手が近くに見当たらなかったり、、難易度があることが多いと思います。そしてとどのつまりは方法よりはこころの置き方が重要にも思います。 結局宗教というものは形としての扉なわけで、本質的には形なきものの流れを純化させていきたいわけですので、こころがどこまでも透き通り、そのこととともにあるかということが大切に思います。祖先供養をするときにも、いまの自分のこころを透明にもち、こころを一つにして祖先が心地よい光の中にいらっしゃることを想うこと、がいいことのように思います、そのなかで、現在という今にいるわたしたちのこころも自ずとより透明になり、知らないうちに自分を小さく形作っているエゴも透き通って負荷のかからないようなものに変化していくんだな、、と感じる今日この頃です。

つれづれと書いてみましたが、なぜだか今日はそのようなことで。。

何かのお役にたつことをねがいつつ、とりとめのないつぶやきをよんでいただいたお時間ありがとうございました。woombahは猛暑の真夏です。。。大型ホームセンターで格安のエアコンをかったけれど、まったくもって部屋を涼しくしてくれないので、いまから返品しに行こうと思います。返品できたらいいんだけど。。。。。。。         by kyoko

2017年Mt Rokko

ポラリティセラピー スクール オブ ジャパン
POLARITY THERAPY SCHOOL OF
JAPANKOBE MONTANA OFFICE
兵庫県神戸市灘区鶴甲5丁目1-50-205
TTEL / FAX:078-200-5126
トップにもどる ポラリティセラピーとは クレニオセイクラルとは スクールのご案内 セッションのご案内 スケジュール セルフケア よくあるご質問 アクセス/所在地 出版書籍のご案内 ブログ ヒーリングセッション お問い合わせ 日本ポラリティセラピーサポート協会 フェイスブック